Outer Wall

脱サイディング宣言!|新築現場で用いられている外壁材の8割は窯業系サイディングともいわれます。コストが安く工期が短縮できるのでつくり手側に選ばれていると考えます。一方で、お客様に外壁に何を望みますかと尋ねると、10人が10人「メンテナンスに手間がかからないものを」とおっしゃいます。となると、窯業系サイディングを張るというわけにはいきません。素地は吸水性があり水を吸うと冬に凍害でダメになる。それを防ぐために表面に塗装を施してあります。塗装によって品質が維持されているので、10数年サイクルの塗装工事が欠かせません。住宅ローンを抱えている人が、別枠で100万円近い工事をするのは困難です。建てる時のコストだけではなく生涯のコストを最小にする。という観点からサイディングに頼らない、管理コストのかからない素材を選択。


杉板外壁ウッドロングエコ|古来から杉は木造船や酒樽にも使われるように、水に強く、冬に凍害になる心配はありません。かなりの耐久性があり、近くの山で入手が容易であったことなどから、柱や造作に使うだけでなく、杉板の下見板まで幅広く利用され「家は杉でつくる」ということが基本です。杉板は、天然素材なので 雨がかかる場所では腐朽菌で冒されて、劣化していきます。しかし、屋根がかかって雨がかからない場所においては極めて長持ちします。具体的にはあなたの近所の神社の外壁(帯戸)は、木の板ではないでしょうか。何も塗らず何十年とほったらかしで問題の無い、歴史的に実証された最もロングライフな外壁仕上げです。

ガルバリウム スパンドレル「ZiG」UPグレードガルバリウム鋼板のメリットは、耐久性・耐食性がよく熱反射率や耐熱性に優れています。また、見た目もスッキリしていてモダンな雰囲気に仕上がります。

スーパー白洲そとん壁WUPグレード|シンプルで落ち着いた風合いに──。一切の化学樹脂を使わずに透湿と防水の両立を実現!自然界に存在する安全な素材だけを用いているから、将来の解体時には土に還せる安全な壁材です。無機質の天然セラミック素材。だから紫外線や風雨による退色・劣化がおきにくく防水性も劣化しにくいため、維持管理の費用と手間を大きく軽減します。シラス独特の風合いと質感に富んだ新しい外観デザインを創出。人工物には決して表現できない本物の質感で、建物の品格を高めます。

Show More

TOMBO HOUSE 2005-2020(15)

  • Facebook Black Round
  • Twitter Black Round
  • Instagram - Black Circle