Floor Covering

日本の山から伐り出された無垢の杉材|一般に使われている「フローリング」と称されるものは、合板の上に0.2mmのスライスした板を張ったものです。こうした「合板フロア」は、表情が平坦で面白みがなく、時間とともに深まる味わいがない消耗品として、私どもは考えます。素足でも足触りがよく気持ちの良い素材。もちろん100%天然素材でシックハウスの原因物質もない。ててから一生涯つかえる耐久性があり、住むほどに味わい深く表情が変化していく素材。私どもとしては、人間の住むべきあたりまえの床仕上げとして無垢の床を考えます。無垢の木材の表情と呼吸性と風合いを活かすために、ウレタン塗装は行わず自然塗料で仕上げます。※無垢(むく)=表面から内部まで同じ材質で出来たもの。

コルクタイルUPグレード|優れた特性が、やすらぎを生み出す吸音性・遮音性に優れたコルクタイルは理想的な床材です。さらに断熱性(保温性)に優れ夏は涼しく、冬は暖かく室内を保つので、省エネにも効果的。しかも、木の床のような耳障りな音がしないので、いつも静かです。やさしい感触なのに、水にも油にも強く、表面が濡れても滑りにくく、コルクは組織構造が緻密であることに加え、他の木材より腐食しにくい細胞質を持っているため、ムシの餌になりません。シロアリやダニなどの発生を抑えられます。また、自然素材であること、表面が緻密で毛羽立たずホコリも出しにくいことから、各種のアレルギーにも強い建材になります。仕上げ材の善し悪しは、手足に触れた瞬間に失われる熱の大小で決まります。コルクはこの点で最も適した材料で、四季を通じて心地よい肌ざわりが得られます。落下物の衝撃による多少のキズも、しばらくすると元に戻ります。この弾力の優秀さは毎日の歩行感の良さや安心感を感じいただけます。

その他UPグレード|ヒノキ・唐松・オーク・ウォルナット・パイン・ウールカーペット・畳など、他の素材もお選びいただけます。

Show More

TOMBO HOUSE 2005-2019(14)

  • Facebook Black Round
  • Twitter Black Round
  • Instagram - Black Circle